日本からイスタンブールへの空路

日本からトルコへ行く場合、空路が一般的だと思います。

飛行機の取り方は様々ですが、トルコ航空のウェブサイトで直接予約してしまうのも、一つのやり方です。

仲介サイトを通すより、料金は当然安くなります。

また、フライトが近づいてきてもチケットが売れていないときは、値段を下げることもあるため、日程が迫っているときは相対的にもっとも経済的な選択肢になり得ます。

サイトは日本語対応していませんが、それほど理解に困る英語もないので英語力に自信がなくても、予約可能だと思われます。

少し困るのは、空港名です。

たとえば、イスタンブールにも、アタトゥルク国際空港(新空港)と、サビハ・ギョクチェン国際空港(旧空港)があり、サビハ・ギョクチェン国際空港は市街地から離れているため、注意が必要です。トルコ航空でのアタトゥルク国際空港の表記は、[Istanbul Ataturk Airport]です。サビハ・ギョクチェン国際空港の表記は、[Istanbul Sabiha Gökçen Airport]です。

特に注意が必要なのは、乗り継ぎの予約をトルコ航空ウェブサイトなど英語表記のウェブサイトで行う際です。例えば、日本からサビハ・ギョクチェン国際空港(旧空港)に到着して、アタトゥルク国際空港(新空港)発の乗継便などを予約してしまうと、1時間くらいの間隔では乗継が出来ません。4~5時間くらい時間をあけるのが望ましいとのことです。

サビハ・ギョクチェン国際空港(旧空港)は市街地から距離があり、アタトゥルク国際空港(新空港)と、サビハ・ギョクチェン国際空港(旧空港)の移動にはかなり時間がかかります。また、タクシーなどで移動するにしても、時間帯によっては道路がかなり混み合うそうです。

イスタンブールの空港をウェブサイトで予約する際、予約した空港の名前が間違っていないか、よく確認する必要があります。


旅行保険を巡るトラブルは弊所までお気軽にご相談ください。

https://ns2law.jp/2018/07/28/%e6%97%85%e8%a1%8c%e3%83%bb%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%92%e5%b7%a1%e3%82%8b%e6%b3%95%e5%be%8b%e6%a5%ad%e5%8b%99%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です